あまざけエキスとは?

しずく 肌バリア機能類似成分、オリジナル玄米あまざけ発酵エキス。

食と同じように玄米の栄養価に着目し開発されたのがオーフェルの「玄米あまざけ発酵エキス※1です。
オーガニック玄米を選び抜いた菌株で発酵させた、化学物質を含まない100%天然の成分です。
肌のバリア機能と近い組成を持ち、エイジングケア※2をサポートします。

ここがすごい01

バリア機能を再現する玄米の栄養価

玄米の栄養価とは

玄米のぬかの部分には米のセラミドやポリフェノールの一種であるγオリザノールやビタミンE、ビタミンBなどが豊富に含まれています。これは肌のバリア機能とよく似た組成になっています。

年齢とともに失われていく、肌のバリア機能

肌の内側※3ではわずか0.02㎜の厚さの中に細胞間脂質とNMFによってうるおいが満たされ、角質細胞がレンガのように積み重なっています。肌の外側では皮脂と汗がまじりあってできた皮脂膜が肌を保護し、水分の蒸発を防いでいます。加齢によってこれらのバランスが崩れると、シワやくすみ、毛穴の開きといった肌悩みの原因に。

細胞間脂質は水分と油分(脂質)が交互に並び、ミルフィーユのような状態のラメラ構造になっています。肌に水分だけを補充しても、油分(脂質)に阻まれてしまい角層深くまで浸透する事ができません。あまざけエキス※1は水溶性・油溶性、どちらの成分も含み、肌にうるおいを与えます。

年齢とともに失われていく、肌のバリア機能

若々しい肌を保つためのバリア機能に「大切な3つのこと」

若々しい肌を保つためのバリア機能に「大切な3つのこと」
ここがすごい02

発酵という手間が作り出した、美容効果の期待。

玄米の栄養価とは

ただ玄米を圧搾してエキスにするのではなく、
独自開発の発酵法を用いる事で美容成分が細かく分解されて増加しNMFの主成分アミノ酸量を増やす事に成功。
実に20種類ものアミノ酸を含むエキスとなりました。
ハリやうるおいを与えるエイジングケア※2に大切な美肌成分をあます事なく生かしたエキスです。

アミノ酸含有量グラフ
発酵イメージ
ここがすごい03

天然由来成分が肌の自活力を高める。

天然由来成分の玄米あまざけ発酵エキス※1は、肌の自活力を高めるもの。毎日の積み重ねでその違いを実感できます。

※1 アスペルギルス/コメ発酵液(保湿成分) ※2 年齢に合わせた肌のお手入れ ※3 角層