こだわりの原料
玄米・麹

about oofer

03

美容成分が豊富な玄米のぬか部分を丸ごと使う。だから残留農薬などの心配がない、オーガニック玄米にこだわりました。 美容成分が豊富な玄米のぬか部分を丸ごと使う。だから残留農薬などの心配がない、オーガニック玄米にこだわりました。

玄米 玄米

有機栽培のエキスパートから
こだわりのオーガニック玄米

オーフェルのあまざけエキス※1
熊本県菊池市の東さんが生産した
オーガニック玄米を使用しています。

オーガニック玄米生産者:熊本県菊池市 東さん

オーガニック玄米生産者:
熊本県菊池市 東さん

有機栽培のエキスパート

様々なJAS有機認証の農産物を栽培している東さんは、いわば有機栽培のエキスパートです。お米だけでなく、JAS有機認証を受けた、小麦、ふすま、雑穀、大豆なども栽培しています。

土づくりへのこだわり

本来、植物は病気や虫など、成長を妨げるものを跳ね返す力を持っています。農薬を使わなくても、強く、栄養をいっぱい蓄えている作物を作るために東さんの「ひがし農場」では、熊本県菊池市産のヌカを家畜のたい肥と混ぜて、発酵させたものを使用し、最大限に、自然の力を引き出す土を育てています。

保存には、適温・適湿な場所を

大切に手間ひまをかけて育てた穀物を保存するために、米蔵の中を常に適温に保ち、竹炭を土壁に埋め込んでいます。竹エキスの強力抗菌作用でダニを、竹炭の調湿作用でカビを防ぐことができ、空気の清浄化と、温度・湿度の調節に力を発揮します。

JAS KOAA
有機JASとは

有機JASとは、2000年に改正された日本農林規格(JAS)によって、有機農産物などの表示を認証したもの。 認証は該当物資の生産方法の確認に始まり、製造工程、流通方法、商品の保管・管理とその責任者の制定に至るまで細かく設定され、そして認定検査官の事前審査とオーガニックに関する講習を修了して認定となります。

有機JASの条件

最低でも3年以上は土壌に農薬を使用しない・有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する・栽培によって環境を破壊しない・環境・衛生管理の整備・上記に関する管理プログラムの制定とその実施・上記に付帯する全ての事項に関する第三認証機関による検査と認証および年次更新の審査

麹 麹

玄米を丸ごと米麹に

通常の2倍の時間で培養。
アミノ酸、コウジ酸を作る能力が
高い玄米麹を使用しています。

発酵の研究者 株式会社永廣堂本店 R&D 次長 西 拓哉

発酵の研究者
株式会社 永廣堂本店 R&D
次長 西 拓哉

玄米を丸ごと、という発想

オーフェルのあまざけエキスはこだわりの原料と麹を使用しています。一般に米麹は麹菌が増えやすいように精米した米で作られます。しかし、それでは米ぬかにあるたんぱく質などの成分が失われてしまうため、私たちの研究グループでは有機JAS認証の玄米を丸ごと米麹にする製法を用い、通常の2倍の時間をかけて培養しました。高いプロテアーゼ活性をもつこの玄米麹は、発酵させるとアミノ酸、コウジ酸を高含有するという特長を持ちます。

発酵は有益なものを生む現象

発酵を端的に説明するならば、物質が麹菌のような微生物によって分解され、人間にとって有用・有益なものが生み出される現象のことです。塩麹でお肉を漬け込むと麹菌に含まれる酵素の働きでお肉のたんぱく質がペプチドやアミノ酸に分解されて柔らかくなり、アミノ酸が増加し、美味しさもアップするのです。

麹菌は「国菌」

世界には発酵にカビを使用する発酵食品がありますが麹菌は日本だけだと言われ、日本醸造学会において「国菌」と認定※2されています。みそ、醤油、清酒などに必要なものであり、これらの発酵食品とともに、その製造に欠かすことのできない麹菌は海外からとても注目されています。麹菌での発酵は日本の宝。ぜひ皆さまの美容に役立てていただきたいと思います。

※1 アスベルギルス/コメ発酵液(保湿成分) ※2 参考文献/日本醸造学会:http://www.jozo.or.jp/ koujikinnituite2.pdf
ページTOPへ