COLUMNコラム

そのシミ、摩擦とストレスが原因かも

そのシミ、摩擦とストレスが原因かも

シミの原因というと紫外線を連想される方が多いかと思いますが、実は「摩擦」や「ストレス」もシミの原因となることがあるのです。

「日焼けした覚えがないのにシミが増えた」という方は、紫外線以外の原因が考えられます。
日常生活の意外なところにシミの原因が隠れています。これ以上シミを増やさないためにもしっかり知っておきましょう。

シミができるメカニズム

シミの原因はメラニンです。
肌を守るために作られるメラニン。本来は表皮のターンオーバーによって、古い角質とともに垢となってはがれ落ちます。
しかし、紫外線などの刺激によってメラニンの生成工場であるメラノサイトが過剰反応してしまうと、メラニンが大量に作り出されてしまいます。過剰に発生したメラニンははがれ落ちず肌に残ってシミとなってしまうのです。

メラニンが過剰生成されてしまう原因はよく知られている紫外線だけではありません。
摩擦など肌への刺激、ストレス、ホルモンバランスの乱れなども影響を与えるといわれています。
紫外線対策をすると同時に以下のポイントを見直してみましょう。

ポイント1:摩擦はNG!

顔を洗うときやタオルで拭くときにゴシゴシこすると摩擦が起こります。これが肌への刺激になって、メラニンが作られてしまうのです。
クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームなど基本的なスキンケアだけで何回も肌をこすっていることになります…
これを毎日続けていれば、いくら紫外線対策をしてもメラニンが作られるのを防ぐことは出来ません。
スキンケアは出来るだけアイテム数の少ないシンプルケアにしたり、肌をこすったりしないよう次のことを見直しましょう。

□クレンジング時の摩擦に注意!
クレンジング時の摩擦は肌に大きな刺激を与えてしまいます。汚れを浮かせやすく、メイクなじみが良いクレンジングを使うとメイクがするりと落とせて摩擦が起こりにいのでおすすめです。

□コットンが実は刺激になることも
コットンで丁寧にスキンケアしているつもりでも、実は摩擦が起こりやすく刺激になることも。手でやさしくなじませ、最後に肌を押さえるようにやさしくハンドプレスしましょう。

□大人の肌にはシンプルケアを
年齢とともに肌悩みが増えてきます。あれもこれもケアしようと必要以上にアイテム数が増えていませんか?アイテムが増えると塗る回数が増える=肌をこする摩擦の回数が増えるということ。大人の肌に不足したものを補うシンプルケアで肌への刺激を最小限にしましょう。

ポイント2:ストレスや疲れもシミの原因に

疲れやストレスを感じると、体の中で活性酸素が大量に発生します。
活性酸素が発生することで、メラノサイトを刺激するホルモンも一緒に大量発生するのでメラニンが大量に作られてしまうのです。
ストレスや疲れをためないために以下のことを心がけましょう。

□毎日湯船に浸かる
温かいお風呂に入ると血行が良くなり、体の疲れがやわらぎます。好きな香りの入浴剤を使用する、マッサージをするなどすると更にリラックス効果が高まります。

□質のよい睡眠を
疲れを取り除くためには、しっかり睡眠をとることが大切です。
寝不足が続くと疲れが蓄積したり、イライラしやすくなってしまいます。その結果、活性酸素が増えシミができやすくなります。
睡眠時間=量はもちろん、質も重要です。ぐっすり眠れ、すっきり起きられるよう睡眠環境を整えましょう。寝る前は、睡眠の質を低下させるカフェイン、アルコールは控えたり、アロマを焚く、好きな音楽をかけるなどリラックスして過ごしましょう。ご自身にあった寝具探しから始めるのも○

□運動は頑張りすぎず適度に
適度な運動はストレス発散に効果的です。代謝が上がり適度な疲労感を得られることで睡眠にも良い影響を与えます。
逆に頑張りすぎる無理な運動は体に負担となりストレスになることもあるので、無理せずに自分が楽しいと思える程度の運動を続けることが重要です。

いかがでしたか?ちょっとした生活習慣を見直すことでシミ予防につながります。
継続することが重要なので、できることから始めてみてくださいね。

コラムトップへ

ページTOPへ