COLUMNコラム

原因が違った!年代で違う毛穴悩み。

今までの化粧品なのに、なぜか肌が不調。肌のコンディションが良くない…。そんな方は肌のターンオーバーが乱れているかもしれません。肌のターンオーバーという言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、それはどういうことなのでしょう?

ターンオーバーは肌の新陳代謝

肌のターンオーバーとは肌を美しく保つために大切な、肌の新陳代謝のことです。新しく作られた細胞が、外側に近づきながら変化をして生まれ変わる仕組みのことです。新しい肌の細胞が生まれてから剥がれ落ちるまで、およそ28日周期と言われています。表皮の内側から押し上げられてきた細胞は、角層で角質細胞となり、最後は剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーは早すぎてもだめ

肌のターンオーバーは、約14日間かけて角層にたどり着き、そこで約14日かけて、角層の役割を果たして剥がれ落ちていくのが理想。ところがターンオーバーが早いと、肌の保湿に必要な、細胞間脂質や潤いを蓄えるNMFが十分作られないまま角層に達してしまいます。未熟な角層は、保湿力がなくダメージに弱いため、刺激やダメージを受けやすく、固くなりやすいのです。

遅いという思い込みが間違ったケアを招く

年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなる、ということを聞いて、外側の角層を早く落としてしまおうとする方もいるようですが、実はそのケアがターンオーバーを早めてしまい、肌トラブルの原因を引き起こしていることもあります。

ターンオーバーが遅くなる不安感から、古い角質細胞を早く落とそうと肌を強く洗ってはいけません。洗いすぎは、角質を無理やり剥がすことになり肌は次の角質を急いで作るため、細胞は未熟な状態でターンオーバーを繰り返します。

また強い洗浄成分の洗顔やクレンジングで必要以上に皮脂をとってしまうと、肌は乾燥から肌を守ろうとターンオーバーを早めてしまう可能性があります。未熟な細胞は、さらに未熟なままで働くことになり、どんどんターンオーバーが早くなってしまうのです。ピーリングなども自然と剥がれ落ちるはずの角質を、無理やり剥がす行為ですからおすすめはできません。

肌の一番外側、「角層」は見た目を左右する。

角質細胞は死んだ細胞と言われていますが、外の刺激から肌を守る、とても大切な役割を持っています。外側から見えるのは角層だけですから、見た目にも影響の大きい部分です。角層は角質層ともいわれ、およそ0.02mm、約50%がセラミドで占める角質細胞間脂質と自然保湿因子NMFを含む水分でできています。

角層はバリア機能をもち体を守ってくれています。水分が蒸発しないのも、外からの異物が体に体内に入らないのも角層が持つバリア機能のおかげ。ターンオーバーが早まり、未熟な細胞が角層になるとダメージから細胞を守ることができなくなり、様々な肌トラブルを招きます。特に敏感肌や乾燥肌の人は、ターンオーバーが早い可能性があります。

きれいな肌のために生活の余裕も大切

細胞は睡眠中に修復し再生されます。ターンオーバーが行われるのも睡眠中です。十分な睡眠がとれていないと、ターンオーバーが正常に行われません。睡眠時間の少ない日々が続くと、肌が新しく生まれ変わることができないのです。また、ストレスは、自律神経を崩し血行も悪くなるので、ターンオーバーを乱す要因になります。

 

今までと同じスキンケアなのに、なぜか肌が不調という方はシンプルなケアで一番外側の角層をしっかりと整えましょう。肌にいい栄養素や睡眠もきちんととることが大切です。

コラムトップへ

ページTOPへ