COLUMNコラム

エイジングの元凶「酸化」って?

「酸化」という言葉、一度は聞いたことがある方も多いはず。なんとなく体や肌に悪そう…ということは知っているけれど、酸化が起きるメカニズムや肌にどのような悪影響を及ぼすのかなど、詳しいことは良く分からないという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、美肌を保つためにぜひ知っておきたい「酸化」について学んでいきましょう。

酸化はなぜ起きるの?

酸化とは簡単に言うと、ある物質と酸素がくっつくこと。例えば何気なく行っている呼吸も、酸素を吸って二酸化炭素を出すという酸化反応で、この反応を利用してエネルギーを生み出しています。ですから「酸化」とは、生体にとってなくてはならない化学反応で、酸化反応を完全にストップしてしまうと、生命を維持することができません。
しかし、紫外線、喫煙、大気汚染物質、ストレスなどが原因で酸化が進むと、体内で大量に発生した活性酸素が細胞を攻撃して、様々なダメージを引き起こします。本来人間には酸化から肌を守る抗酸化作用が働いているため、すぐにトラブルとして肌に現れることはありません。ただ、長年の酸化ストレスの蓄積や、加齢によって抗酸化力などが低下してくると、酸化から肌を守るシステムが追いつかなくなり、酸化の悪影響がエイジングサインとなって現れてきます。

肌の酸化でエイジングが加速

では、酸化することで肌にどんな悪影響が出てくるのでしょうか。

肌表面では分泌された皮脂や汚れが、空気にふれると数時間で酸化していきます。酸化した皮脂汚れは刺激物となって肌の炎症を起こし、バリア機能を乱して乾燥や肌荒れの原因になります。
肌の内部では、細胞のエラーでシミができたり、コラーゲンがダメージを受け、黄ぐすみやたるみが起こるなど、肌のエイジングが加速してしまいます。

抗酸化習慣でエイジング対策

肌のエイジングを食い止めるためにも、酸化を予防する3つの対策をおさえておきましょう。

《対策1》皮脂汚れをきちんと落す
洗顔でメイクや皮脂、付着したホコリなどの汚れをしっかり落すことが重要です。乾燥肌だからといってお湯だけで洗っていると汚れが落としきれず、さらに乾燥を招くのできちんと洗顔料を使いましょう。Tゾーンなど皮脂分泌が多い場所から洗い始め、乾燥しやすい目周り・口周りは最後に洗うと洗顔後のツッパリ感も気にならなくなりますよ。

《対策2》カラフル食材で抗酸化をアシスト
加齢とともに減ってしまう抗酸化力を補うためには、抗酸化物質を多く含む食品を摂取するのがとても効果的です。トマトやパプリカ、ブロッコリーなどの野菜、すいか、みかんなどのフルーツ、鮭やカニなどの魚介類。見た目にカラフルな食材は、抗酸化物質を豊富に含んでいます。色が濃く鮮やかなカラフル食材で毎日の食卓を彩って抗酸化力をアシストしましょう。

《対策3》自らの抗酸化力を高める
自ら作り出している抗酸化物質の働きをできる限り高めることも、肌の酸化を予防する有効な手段です。例えば、1日30分ほどウォーキングをするなど適度な運動と良質な睡眠をとること、喫煙・過度な飲酒を控えるなどを意識すれば、自らの抗酸化力を高めることができますよ。規則正しい生活とストレスを溜めない生活を心がけてくださいね。

 
肌の酸化は、エイジングサインの根本原因となります。未来の美肌のためにも、今日から抗酸化習慣を始めましょう!

コラムトップへ

ページTOPへ