COLUMNコラム

原因が違った!年代で違う毛穴悩み。

最近、肌は乾燥しているのに毛穴に皮脂が詰まる。今までより毛穴が黒ずんで見える、という方は年齢肌ならではの毛穴ケアが必要かもしれません。あなたの毛穴ケアを一度見直してみませんか?

皮脂の分泌が盛んで、毛穴に詰まってしまうことが20代の毛穴の角栓や黒ずみの原因です。しかし皮脂の分泌量は30歳をピークに減少し、40代では20代の半分程度になるともいわれています。皮脂量が減っているのに現れる30代以降の毛穴悩みは古い角質が要因だといわれています。

表皮の一番下で生まれた角質細胞が上がってきて、肌の一番上に表れたものが角質で、最後には垢となって剥がれ落ちます。この細胞の動きをターンオーバーといい、20代女性では28日程度、30〜40歳代では約45日といわれています。年齢を重ねた肌ではターンオーバーの速度が落ちるだけではなく、はがれるべき角質が肌に残ってしまうこともあります。

年齢肌の毛穴の悩みは肌に残ってしまった角質に毛穴がふさがれたり、毛穴につまった皮脂が酸化したりすることで起きていることが多いのです。

20歳のような皮脂の過剰分泌で起きる毛穴のつまりや黒ずみとは、原因が違うのです。ではどんなケアが必要なのでしょう?

肌のターンオーバーを整えよう。

古い角質がたまってしまうのは肌のターンオーバーの乱れから。実はこの乱れ、肌のバリア機能の低下からきていることも多いのです。表皮の一番上にあたる角層は14日間程度、水分の貯蔵庫として働きます。これが肌のバリア機能です。この働きが低下していると角質は固くなり、肌から正常に剥がれ落ちてくれません。バリア機能を正常にして、角質を柔らかい状態にすることが、古い角質をためない毛穴ケアでは大切です。

皮脂を取りすぎない。

毛穴に詰まる皮脂を無くそうと、とにかく洗い流すケアばかりしていませんか?年齢を重ねた肌に「とりすぎ」は禁物です。皮脂は肌のバリア機能の一つとして働いているため、とりすぎると角質が固くなり皮脂を毛穴に詰まらせる原因にもなります。また、「皮脂が足りていない」と肌が勘違いして、かえって過剰に皮脂が分泌されてしまうこともあります。

皮脂を酸化させない。

乾燥しているのに、毛穴に皮脂が詰まってしまうのも年齢肌の悩み。肌表面が乾いているからといって、やみくもに油分をあたえるケアもよくありません。実は過剰になった皮脂は肌の上で酸化し、黒ずみのもとに。与える油分は酸化しにくいものを選びましょう。

ストレスをためない。

最後に大切なことは、ストレスをためないこと。ストレスがたまると、体は男性ホルモンを優位にさせ、皮脂分泌を促すということがわかっています。これが過剰な皮脂となり毛穴に詰まってしまうこともあるので、十分な睡眠や休息をとって、ストレスを翌日に持ち越さないようにしましょう。もちろん自分なりの解消法を見つけておくとよいですね。

 

毛穴づまりができる要因もケアの仕方も、年齢によって違うことがわかります。まずは一つからでもケアを試してみて。これまでの毛穴悩みが解消されるかもしれませんよ。

コラムトップへ

ページTOPへ