COLUMNコラム

美白ケアは秋冬が絶好のチャンス!

美白ケアは秋冬が絶好のチャンス!

紫外線が弱まる秋冬は美白ケアへの意識が下がってしまいがちです。美白ケア=春夏だけ頑張っているという方が多いようですが、それはとてももったいないです!
美白ケアは春夏だけではなく紫外線ダメージが落ち着いてきた秋冬こそ絶好のチャンスということをご存知ですか?

夏はいくら気をつけてUVケアしていても容赦なく降り注ぐ紫外線によってメラニンが活性化してしまいます。なので、夏は美白ケアをいくら頑張ってもメラニンの活性を抑えることで精一杯。紫外線量が減ってくる秋冬こそ肌に透明感が出てきたり、シミが薄くなってきたり…と美白ケアの手ごたえを感じやすくなります。

秋冬美白の手ごたえを上げる近道は?

今年の猛暑で保湿を怠っていた方は要注意です。夏に強力な紫外線を浴びて保湿を怠っていると、肌が乾燥して角質が厚くなってしまいます。夏のダメージが蓄積した秋の肌は紫外線だけではなく乾燥や角質肥厚によるくすみでさらに肌色がどんより暗くなってしまいます。秋冬は角質ケアと保湿を強化することが透明感アップの近道です!

《秋冬美白手ごたえアップポイント①》
角質ケアを強化

秋冬は気温の低下によって肌の代謝が低下し、固くこわばることで、角質肥厚になりやすい時期です。角質肥厚は肌をくすませるだけではなく、スキンケアの浸透も悪くなるので日常的に角質ケアをしましょう。スクラブやピーリングなどのスペシャルケアで角質を取り除くのは肌の負担になることもあるので、毎日のお手入れでマイルドに角質ケアをできるアイテムを取り入れることがおすすめです。角質肥厚によるくすみが晴れれば、顔色が明るくなって透明感が際立つ肌に。

《秋冬美白手ごたえアップポイント②》
保湿ケアを強化

10月末~11月は一気に気温も湿度も下がり肌の角層の水分量が低下してしまうので、しっかり保湿することが大切です。しっかりと水分をため込み角層の状態をベストに保つことで、キメが整って透明感が格段にアップします。
また、乾燥の刺激によってメラノサイトが活性化しシミができやすくなることも…。紫外線だけではなく乾燥によるシミリスク対策としても保湿強化は重要ですね。

《秋冬美白手ごたえアップポイント③》
体の中から透明感を巡らせる

夏ほどのどの渇きが感じにくいため、秋冬は体も水分不足になりがちです。体の中を水分でたっぷりうるおして、めぐりを良くすることが“にごりのない肌作り”には重要です。おすすめは毎朝の白湯習慣です。睡眠中に不足した水分を補給できるだけではなく、体の中からじんわり温まって巡りが良くなるので、冷えが気になるこれからの時期にもぴったりですよ。

“大人の影”にも要注意

シミやくすみだけではなく、たるみ・毛穴・しわも顔に影を落し顔色を曇らせる原因になります。この“大人の影”の原因であるたるみ・毛穴・しわも全方位ケアすれば、内側からツヤっと発光するような透明美肌に♪

 
美白ケアは秋冬も続けた方こそ手ごたえを実感できます。秋冬美白を始めて、今年の冬はうるおいあふれる透明美肌で過ごしましょう!

コラムトップへ

ページTOPへ