COLUMNコラム

美肌への近道!ターンオーバーを整えよう

美肌への近道!ターンオーバーを整えよう

みなさん「ターンオーバー」という言葉、聞いたことありますか?
ターンオーバーとは肌の細胞の生まれ変わりのことです。
乾燥、くすみ、シワ、ニキビといった肌トラブルは、ターンオーバーの乱れが影響しています。
それにも関わらず、ターンオーバーを意識したお手入れする習慣を持っていない方が多いようです。高価な美容液やクリームでのお悩みケアだけに注力していませんか?
肌は日々生まれ変わっています。肌の生まれ変わりのリズムであるターンオーバーを整えるお手入れが美肌への近道です!

今回はターンオーバーを整えて美肌サイクルを取り戻す方法をご紹介します。

◆今のターンオーバーをチェック!

ほんの少しターンオーバーが乱れただけで、様々な肌悩みを招いてしまいます。
毎日一生懸命お手入れしているのに効果が実感できないという方にまず疑って欲しいのはターンオーバーの乱れです。
早速、今のターンオーバーの状態をチェックしてみましょう!

【今のターンオーバーをチェック】
こんなお悩みが気になりませんか?

いかがですか?上記はターンオーバーの乱れによって現れる肌悩みです。
1つでも当てはまったら、ターンオーバーが乱れているサインかもしれません。

◆ターンオーバーは短くても長くてもNG!

正常な肌のターンオーバーの周期は一般的に
年齢+10日
といわれています。
20歳の方は20+10=30日
40歳の方は40+10=50日
が目安になります。
加齢によって肌のくすみ、しわ、傷の治りが遅くなるなどの肌悩みが増えるのは、ターンオーバーの周期が長くなることが原因といえます。

では、ターンオーバーの周期は短ければ短いほど良いのでしょうか?
実は、短すぎるのも長すぎるのもNGです。
ターンオーバーの周期が短すぎると、セラミドが十分に作られず、未熟な状態の細胞が角質層に届くため、乾燥やバリア機能の低下につながります。
逆に長すぎると古い角質が肌に残り、新たなターンオーバーを邪魔してしまうことで肌荒れや大人ニキビができやすくなる、ニキビ跡が残りやすい、シミが濃くなるなどの原因になってしまいます。

ターンオーバーを整えるといっても、その周期を短くするのが良いのではなく、年齢に応じたターンオーバーの周期に近づけ、正常化することが重要です。

◆ターンオーバーを正常化するには?

ここからは、乱れたターンオーバーを正常化する方法をご紹介します。
少しずつできることから実践するだけでも効果はあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

質の良い睡眠をとる
肌のターンオーバーが活発になる時間帯といわれる午後10時~午前2時までの間に熟睡することが理想的とされていましたが、なにかと忙しい現代人には難しいこともありますよね。
ターンオーバーを促進する効果がある成長ホルモンは、眠りはじめてから最初の3時間で集中的に分泌されるので、この3時間に質の良い睡眠をとれているかが重要になってきます。必ずしも上記の時間帯に眠れなくても、眠りはじめの3時間に深い睡眠(ノンレム睡眠)をとることの方が重要だと言われています。
ですから、充分な睡眠時間をとれない方でも、質の良い睡眠をとるように心がければ、ターンオーバーが乱れるリスクを減らせるということになりますね。

バランスの良い食生活
ビタミンA、B群、C、E(緑黄色野菜・キノコや海藻類、果物、ナッツ)などのビタミン類がターンオーバーの促進に効果的です。その他にも必須アミノ酸を豊富に含んだ良質のタンパク質(卵、牛乳、大豆など)、亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、良質の油(オリーブオイルなど)をバランスよく適量摂るよう心がけましょう。

角質ケアは要注意!
ターンオーバーを促進しようとピーリングやスクラブで肌表面の不要な角質を取り去るケアをしていませんか?肌表面がツルツルになったと感じても、それは肌のターンオーバーが促進されたのではなく、外側の角質を剥がし取ったことで感じる一時的なものです。肌に刺激やダメージを与え、かえってターンオーバーを乱してしまうこともあります。
毎日の正しい洗顔でターンオーバーを正常に保つことはできるので、過剰な角質ケアには注意しましょう。

 
ターンオーバーの周期を正常に保てば、健康で美しい肌をキープすることができます。今以上にお手入れの効果実感も高まるので、美肌サイクルが生まれます!ぜひ、今日からはじめていきましょう。

コラムトップへ

ページTOPへ