COLUMNコラム

肌の乾燥を加速させる!?「落としすぎ」に注意!

肌悩みのもとをたどっていくと、乾燥から始まっていることは少なくありません。「どうせ乾燥肌だから…」とあきらめないで、スキンケアを見直してみましょう。

「スキンケアは洗顔から」でも落としすぎには要注意!

肌の乾燥対策というと化粧水やクリームなど与えるケアを考えがちですが、落とすケアこそ大切、ということが近ごろよく言われていますよね。洗うことに注目している女性たちも多そうです。

でもキレイに落とすことだけを重視すると、思わぬ落とし穴があることも。「洗うことが大切」=とにかく汚れをしっかり落とす!と思っていませんか?もちろん一日過ごした肌にはメイクの他に、空気中の汚れや自身の古い角質など、気になる汚れがついています。これをそのままにしておくのは、肌ダメージのもとです。ですが、とにかく肌をキレイにしようと、洗い上がりが突っぱるような強い洗浄力のクレンジングを使っていませんか?洗浄力の強いクレンジングは肌にもともとある、大切な皮脂膜まで洗い流して肌を乾燥させてしまうこともあるのです。

肌が清潔になっても、もともと肌にあったうるおいまで流してしまっては、その後いくら丁寧にスキンケアをしても乾燥してしまいます。汚れをきちんと落としながら、うるおいを守るには以下のポイントに注目して、クレンジングを選んでみてください。

クレンジングの選び方(1)〜汚れを落とす成分は何?〜

メイクの汚れはほぼ油性ですから、何かで浮かせて洗い流さなければなりません。この役目をしている成分を界面活性剤や洗浄剤といいます。これらにはいろいろな種類があります。一般に石油系のものは洗浄力が強く、乾燥肌の方には向いていないといわれています。肌の汚れを落とすための洗浄成分が天然由来だったり、植物のオイルで汚れを浮かせるようなタイプのものを選ぶとよいでしょう。

クレンジングの選び方(2)〜美容成分は入っていますか?〜

落とすことが目的のクレンジングでも、最近は肌のための美容成分が入ったものが多くあります。肌の乾燥が気になるときは、クレンジングも美容成分が入ったものを選びましょう。クレンジングから、化粧水などをつけるまでの間も肌を乾燥させず、しっとりとした肌に導いてくれますよ!

なじませる手の力と洗い流しの温度もチェック!

クレンジングをなじませようとゴシゴシ顔をこするのは、肌を傷つけてしまう心配があるのでNGです。マッサージするような軽い力で伸び広がるものを選びましょう。また、洗い流しの温度は肌のうるおいを流さないよう、ぬるま湯で。32℃前後が目安と言われています。

朝の洗顔も肌状態を確かめながら

肌の乾燥が進んでしまっている場合や、特に乾燥しやすい季節には、思い切って朝の洗顔をやめてしまうのも方法の一つ。その場合は蒸しタオルなどで、やさしくなでるように肌の汚れを取り除いてください。肌状態によってはぬるま湯だけで洗い流すという方法もあります。

乾燥対策は与えるケアのみにあらず。クレンジングを見直すことで乾燥肌からの脱却をめざしましょう!

コラムトップへ

ページTOPへ