COLUMNコラム

肌は腸の鏡!美肌と美腸の深い関係

肌は腸の鏡!美肌と美腸の深い関係

キレイも健康も左右するのが腸のコンディション。
ところが、日本人女性の2人に1人は腸内環境に悩んでいるといわれています。

腸内環境が悪いと、栄養を吸収できず、たまった有害物質の排出ができないため、血液によって毒素が肌に運ばれ、肌荒れの原因になります。また、肌へ十分な酸素が届かず、ターンオーバーが乱れてしまいます。腸は水分バランスをコントロールする役目もあるので、水分の分配が乱れ、水分量が少なくなれば乾燥肌になり、多すぎるとむくみやすくなります。

どんな化粧品を使っても、腸内環境が悪いと、せっかくのいい成分も十分に肌に届けることはできません。

今回は「肌は腸の鏡」といわれている肌と腸の深い関係に迫っていきます!

【美腸→美肌】【不腸→トラブル肌】になる仕組み

美腸は美容に絶大な効果があり美肌に導いてくれます。不腸はニキビ、乾燥、くすみなど肌トラブルの原因に…。なぜそうなるのでしょうか?その仕組みを知ることが、美腸→美肌への第一歩です。

◆美腸→美肌
腸内環境が整っていてすっきり美腸なら、細胞に必要な栄養素を吸収でき、体に不要な有害物質や老廃物を排出できている状態です。血液によって全身に栄養や酸素が運ばれ、ターンオーバーも順調になります!

◆不腸→トラブル肌
腸内環境が悪くお腹ぽっこりの不腸になると、腸にたまった有害物質が血管に入り、毒素が全身に運ばれ、ニキビやたるみなどの肌トラブルになってしまいます。酸素も行き届かなくなるのでターンオーバーが乱れてしまいます。

美肌だけじゃない!美腸のすごいところ!

栄養や酸素の吸収を担い、さらには免疫の要とも言われる腸の働きは、美肌効果だけにとどまりません。睡眠、ココロ、ダイエットなど、その影響範囲は幅広いのです!腸をキレイにするだけで変わるすごいパワーをご紹介します。

◆免疫力アップで不調知らずに
体の免疫細胞の約6割は腸に集中しているといわれています。腸内環境が整って美腸であれば、免疫細胞が働いて風邪やアレルギーなどの不調を防ぐことができます。逆に腸内環境が悪いと、風邪をひきやすくなったり、過剰なアレルギー反応などの不調を起こしやすくなってしまいます。

◆幸せホルモン「セロトニン」が増えてハッピーに!
精神を安定させ、前向きな気持ちや、やすらぎをつくり出す神経伝達物質「セロトニン」の95%は、腸でつくられています。美腸であれば幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」がたっぷりつくられるので、いつも前向きでハッピーな気分に♪

◆よく眠れて翌朝すっきり!
安眠へと導く睡眠ホルモン「メラトニン」は、「セロトニン」がしっかり分泌されると、自然に増加します。腸内環境が悪くなると「セロトニン」の分泌が低下すると同時に、「メラトニン」が生成されにくくなり、睡眠の質もダウン。腸内環境をよくすると、「メラトニン」が生成され、寝つきがよくなり、深く眠れるように。

◆代謝アップでダイエットをサポート!
腸内環境が悪いと、吸収・排出の巡りが悪くなることで栄養不足に陥り、代謝が落ちてしまいます。その結果、脂肪がつきやすく太りやすくなってしまいます。腸内環境がよくなると、腸から取り込まれた栄養が吸収され、代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなるので、ダイエット効果が高まります。

 
美腸になれば美肌だけでなく、体もココロもハッピーに!今日から美腸習慣を始めましょう。

コラムトップへ

ページTOPへ