COLUMNコラム

飲む点滴「甘酒」で健康美人!

飲む点滴「甘酒」で健康美人!

コンビニエンスストアやスーパーでさまざまな種類を見かけるようになった甘酒ですが、 “冬の飲み物”と思っている方も多いのではないでしょうか?
でも実は江戸時代には“夏バテ防止の栄養ドリンク”として夏に飲まれていたものなのです。それだけ栄養がぎっしり詰まっているということですね。

近年では、美容効果が期待できるとして女性を中心に大人気となっている甘酒。
今回は甘酒の種類や成分、美容効果をご紹介します!

まったく別物!「酒粕甘酒」と「米麹甘酒」の違い

市販されている甘酒の原材料を見たことがありますか?
そこを見ると「酒粕」と書かれているものと「米麹」と書かれているものがあります。甘酒には、酒粕由来と米麹由来の2種類があるのです。この2つの甘酒の違いは何でしょうか?

【酒粕由来の甘酒】
日本酒を作るときに出るもろみの絞りかすが原料となっているため、アルコールが含まれています。また、元々甘みはないので甘酒として飲むときには砂糖が使用されていることがほとんどです。酒粕に含まれる栄養素を摂ることはできますが、アルコール成分と砂糖が加わっているため、子どもやお酒の弱い方、カロリーを気にされる方には不向きかもしれません。

【米麹由来の甘酒】
“酒”という言葉が入っていますがアルコールは一切含まず、麹と米を発酵させて作られています。
発酵の過程でビタミンやアミノ酸など多くの栄養成分が生成されるため、美容や健康への効果が期待できるとされています。
また、米を発酵させるとブドウ糖などの甘み成分が作られ、砂糖を加えなくても自然な甘みを感じられるようになります。
アルコールも砂糖も使っていないので、子どもやダイエット中の方も安心して飲むことができるというのも大きな特徴です。

“飲む点滴”と言われる甘酒は、発酵により栄養成分がギュッと詰まった「米麹由来の甘酒」の方なのです。
ここからは米麹由来の甘酒の魅力にクローズアップしていきます!

「飲む点滴」の異名を持つ、米麹由来の甘酒の魅力

日本には古くから発酵食品があり、美容や健康にいいということは聞いたことがあると思います。ブームになった塩麹や、醤油、みそ、納豆などさまざまな発酵食品がありますが、米麹由来の甘酒もその一つです。麹が発酵する過程で作られる様々な栄養成分が美容と健康に嬉しい働きをしてくれるため、まさに「飲む点滴」と言われているのです。

疲労回復
甘酒に含まれるブドウ糖や必須アミノ酸の働きによって、疲労回復効果が期待できます。

美白・美肌効果
ビタミンB2とフェルラ酸は肌の新陳代謝を活発にするため、肌のツヤやハリをサポートします。
また、肌のシミを防いで美白効果があるといわれているコウジ酸も含まれているので、紫外線が気になるこれからの時期には嬉しいですね。

髪を美しく保つ
ビタミンB群は、新陳代謝を正常に保つため、ツヤのある美しい髪をつくります。ビタミンBの一種であるビオチンは髪のキューティクルを整え、白髪や抜け毛の予防にも効果的です。アミノ酸の一種であるシステインは、髪を丈夫にして抜け毛を防ぐ役割があります。

整腸効果
“食物繊維”が腸のぜんどう運動を活発にし、“オリゴ糖”が善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので、整腸効果が期待できます。

玄米で甘酒?!栄養価抜群でさらに効果アップ!

米麹甘酒の原料となる米にも注目してみましょう。
一般的に甘酒と聞いてイメージするのは、真っ白でトロっとした液状のものだと思います。それは原材料が「白米」だからです。
実は、クリーム色をした「玄米」を使った甘酒があることをご存知でしょうか?
玄米は、ビタミンB群、ビタミンE、ポリフェノール、食物繊維が白米よりも豊富に含まれています。玄米を使った甘酒は、より多くの栄養成分が含まれているので、美容・健康効果がさらに期待できますね。

 
原料も種類も様々な「甘酒」。是非、お気に入りの1品を探して、夏の美容と健康にお役立てくださいね。

コラムトップへ

ページTOPへ